ドックフード

愛犬だからこそドックフードには気を付けよう

 

犬というのは、従順に飼い主を愛し接してくれます。犬にとっては飼い主のみが家族になりますし、頼ることもしゃべることもできない犬だからこそ、大切にしたいものです。

 

ワンちゃんの寿命

dog7

 

一般的に犬寿命は12歳から20歳の間と言われています。もちろん、犬種や生育環境にもよるというのは前提としてありますが、犬の場合10歳を過ぎると老犬の部類に入ります。

 

人間と単純に比べても1/4ほどの寿命ということになります。当然、人間と同じように病気や事故という予測できないことはあるとしても、人間よりもはるかに短い寿命となります。

 

 

犬の年齢と人の年齢

犬の年齢を人と比べてみると?という話は諸説あるそうですが、wikipediaによると、

小型犬は生後1年でヒトの約17歳、生後2年で約24歳、大型犬は生後2年で約20歳、それ以降は小型犬で1年につきヒトの4歳程度分、大型犬は5から6歳程度分、歳を取ると考えられる。

ヒト ワンちゃん
17歳 1歳
24歳(大型犬は20歳) 2歳
それ以降(1歳=犬4歳分) ヒト1歳=プラス4歳

 

10歳で56歳??

上記の計算で行けば、ワンちゃんが10歳で人間の56歳に相当する計算になります。人間の10歳と言えばまだまだ子供ですが、犬にとってはもう結構なお年です。

 

当然、人間よりも短い寿命になりますから、食事や生活も普段から気を付けておくべきです。私たちが健康を気にする年齢は犬にとってはあっという間に過ぎていきます。それだけ犬の健康管理は大切ということになります。

 

人間と同じ感覚で犬の健康を考えるのはそもそも間違いだ。ということです。体の大きさも違いますし、体の構造も違います。人間にいいことをを考えるのではなく、ワンちゃんにとって何が大切か?を考えていくべきでしょう。

 

毎日の食事だからこそ気を付けたい

上記にもある通り、人間の体の構造とも全く違いますし、大きさも違います。なのに、人間と同じようなものや味付けの食べ物(俗に言うねこまんま)を与えることは当然よくありません。

 

人間においてもそうですが、バランスのイイ食事や栄養のしっかりとしたワンちゃんにとってベストな食事を上げるのが理想的です。

 

ワンちゃんは自分で何を食べるか?どれを食べようか?決めることはできません。だからこそ、飼い主が体調や食事の管理をしなければなりません。人間よりも短い寿命だからこそ、しっかりと考えましょう。

 

 

ドックフード人気ランキング

 

crown26第一位 カナガンドックフード

canagandogfood おすすめ度 ico_grade6_5

グレインフリーという穀類不使用で且つ、無添加の安心なドックフードで愛犬の健康のためを考えられたドッグフードです。

ポイント
◇アレルギーの心配のないグレインフリー
◇無添加で製造
◇国際基準Aランクを取得


           syousai

 

 

crown33第二位 ナチュラルドックフード

naturaldoghood おすすめ度 ico_grade6_4h

原材料に高品質でしっかりした食材を仕様。人間でも食べれるヒューマングレードの食材のみを使ったハイグレードのドッグフード。

ポイント
◇無添加で製造
◇人間でも食べられる高品質な素材で製造
◇温度管理のしっかりしたコンテナで輸入


           syousai

 

crown40第三位 ネルソンドックフード

nerusons

       おすすめ度 ico_grade6_4

犬の負担を考え開発されたのが「グレインフリー」(穀物不使用)のネルソンズドッグフードです。

ポイント

◇グレインフリー(穀物不使用)

◇腸内環境を整え、気になる関節をサポート


     syousai

-ドックフード