ドックフード

安心、安全なドックフードが一番おすすめな3つの理由

2015/10/21

おすすめなドックフード

dog-bones-350092_1280

ワンちゃんの食事も人間と同じです。毎日食事をし、体内に入るものなので当然、安心で安全なドックフードがいいに決まっています。

 

それは人間だけのものだけではなく、ワンちゃんも一緒です。体にいいものや栄養のあるものは、よく動く犬にとってもいいでしょうし、あらゆる健康リスクにおいてもおすすめなものです。

 

 

icoon-monocheck身体の構造、大きさを考える

dog1

安心、安全なドックフードが良い理由として、「身体の構造と大きさ」があげられます。人間と比べても当然構造は違いますし、大きさも違います。

 

人間の食事は犬にとっては塩分過多になりますし、脂っこいことが多いでしょう。犬の発汗機能は人間と大きく異なっています。人間の食事をあげること自体がよくないでしょう。

 

人間よりも小さな犬に脂っこいものや塩分のあるものをあげれば自ずと健康リスクは高まっていってしまうでしょう。人間が食べるものと同列で食事を考えるのは間違いです。ドックフードはドックフードとして分けておくのが間違いないでしょう。

 

そのためにも、犬のために作られた、あるいは考えられたものをワンちゃんにあげるのがベストでしょう。

 

 

 

icoon-monocheckバランスのとれた食事が体をつくる

dogs-279696_640

 

人間においても同じですが、犬にとっても日々の食事とそのエネルギー源である栄養というのはとても大切です。

 

人間にくらべ、歳をとるスピードが速い犬にとっては、日々の食事というのは言うまでもなく大切で、バランスのとれたものが当然理想的になります。

犬の年齢

ヒト ワンちゃん
17歳 1歳
24歳(大型犬は20歳) 2歳
それ以降(1歳=犬4歳分) ヒト1歳=プラス4歳

 

上記のとおり、犬の成長は人よりもはるかに早くなっています。当然それにともなって栄養とバランスのとれた犬のために作られたドックフードを与えるのがベストでしょう。間違っても人間の食事を与えてはいけません。

 

 

 

icoon-monocheck一緒に長く一緒にいるために

dog7

②にもかかわってくることになりますが、犬の成長は人間のそれよりもはるかに早く、同じように寿命も人間より短いです。一般的に10歳から20歳の間と言われています。

 

仕方のないことではありますが、それでも少しでも長く健康でいてくれたらと思うのが飼い主の気持ちでしょう。長く多く一緒にいれるためにもワンちゃんの健康管理というのはとても大切です。

 

犬のために製造され、考え抜かれたドックフードを食べていれば必ず健康という話では、もちろんありませんが、人間の食事を与えてしまったり、普通の犬が食べないであろうものを与えてしまうよりかは、安心で安全なドックフードを食べてもらったほうがいいでしょう。

 

健康でいてもらうためにも、栄養バランスのいいドックフードで食事面の不安は取り除いて、長く一緒にいれるように対策しておきましょう。それが愛犬と長くいるための秘訣でしょう。

 

 

 

おすすめのドックフードと選び方

ランク
ポイント 無添加
選びたい

-ドックフード