ドックフード

犬を大切に思えばこそしっかりとした健康管理が必要な理由

 

ワンちゃんを飼っている以上、犬が好きで可愛がっているからこそだとは思いますが、であれば尚更ワンちゃんの健康管理というのは大切でしょう。

 

あまり考えたくないことですが、人間の寿命よりも遥かに短い犬になります。お別れが一日でも伸びるよう、日頃の生活習慣や食習慣というのはとても重要です。

 

 

ワンちゃんも犬も同じ

「犬だから」「雑食だから」と安易に考えて、人間と同じ食事をあげるのはおすすめいたしません。人間でもそうですが、塩分過多、食べ過ぎ、バランスの悪い食事というのは健康にも影響があります。

 

それに加え、犬は肉球等でしか汗をかけません。汗をかけないという事は、人間と同じような塩分濃度ではダメということです。犬にとっては塩分が多すぎるということで、ワンちゃんにとっても良くないでしょう。

 

身体の大きさも構造も違う分、食べ物には気を付けなければなりませんし、人間と同じように健康や食事の管理をしていかなくてはなりません。これも、一緒に住む家族であるから気にかけるのは当然ですし、尚且つワンちゃんは自分自身で健康を管理できないので、飼い主家族が気にかけてあげる必要があるでしょう。

 

 

ワンちゃんの思いと気持ち

ワンちゃんは確かに言葉を発することもできませんし、意思疎通をスムーズに行うこともできません。実際は、態度や雰囲気で意思を表明することはありますが、共通言語がない以上、100%理解することはなかなか難しいでしょう。

 

ですが、犬というのは「人間の友」と言われるくらい、一度飼ってしまえば厚い信頼関係を築けるものです。その一例として、作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩「犬の十戒」があります。

 

とても、いいもので良く表現されているので、ぜひ読んでみてください。

 

犬の十戒

1.私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。

2.あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。

3.私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。

4.私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。

5.話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。

6.あなたがどのように私を扱ったか、私はそれを決して忘れない。

7.私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。

8.私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

9.私が年を取っても、私の世話をして欲しい。あなたもまた同じように年を取るのだから。

10.最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう見てはいられない。」、「居た堪れない。」などと。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

出典:犬の十戒 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E3%81%AE%E5%8D%81%E6%88%92

 

これが、「犬の十戒」と飛ばれる英文が元の詩になります。とてもよく表現していて犬の気持ちを表しているものだとおもいます。

 

 

家族だからこその気遣い

犬はペットではなく、一緒に住んでいたら自ずと家族になっていきます。子供がいれば犬と一緒に成長するでしょうし、家族と一緒に時を刻みます。

 

人間よりも成長のスピード、老いのスピードが速い分健康には気を付けたいですし、病気にならないように日々健康には注意しておきたいものです。

 

運動や食事といった面で、飼い主ができる限りの健康管理をしてあげることが、少しでもながく一緒にいれる秘訣になりますし、ワンちゃんと家族にとっても理想的な形だと思います。

 

ランク
ポイント 無添加
選びたい

 

-ドックフード