ドックフード

犬の食事(ドックフード)を変えると元気なることもある?

2015/10/04

ワンちゃんにとっても人間にとっても、日々の食事というのはとても大切なものになります。日頃の食習慣によって太ったり、あるいは健康的になったりするというのは、みなさん経験のあることでしょう。

 

カロリーの少ないものを適量食べていたら体重は増えないと思いますし、食べ過ぎであったころに比べて体重も落ち着いてくるでしょう。栄養面においても、バランスのとれた食事であれば健康面でもいい影響が表れてくると思います。

 

 

ワンちゃんの食事と犬種

犬の種類によって身体的な特徴や性格の違いが出てきます。ワンちゃんによっては、足を脱臼しやすかったり呼吸器等の病気をしやすかったりしてしまいます。

 

飼っている犬種毎に飼い方と食事、運動等を変えていくのがべストになります。少しでも長く居られるように、最初は大変ですが、ワンちゃんによって飼い方を最適化していきましょう。

 

また、室内で飼われる家庭が多くなっていますが、一般的な住居のフローリングはワンちゃんにとっては気をつけなければなりません。滑ったり踏ん張りがきかないことから脱臼や腰を痛めてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

 

食事による影響

犬を飼っている家庭で、実際にあった話をご紹介させて頂きます。


 

私のかっている犬は、足を脱臼することがあって、時々病院を、病院を受診していました。そのように脱臼するのは、その犬の特徴の一つでもあるようです。

しかし、脱臼をすることによって、とても痛がるので、そのような姿を見ることが辛く、できるなら、脱臼をしないようにしてあげたいと思っていたのです。

そんなとき、私と同じように、犬をかっている友人と話をしていたときに、その友人の話がとても良いことであると、おもうことがありました。そのように思ったのは、その犬の餌のことについてです。

その犬は、餌を変えたことに酔ってとても元気になったというのです。そのため、その餌に付いて、とても詳しく知りたいとおもうようになり、私のかっている犬にも与えたいと思い、試験的にあげてみることにしました。

その餌というのは、鹿肉で作られたものです。そのため、より犬が好むらしく、その餌に変えてからは、以前よりもよく食べるようになりました。以前は、餌を与えたときに、全く食べないと言うこともあったのですが、今では喜んで食べることができています。

また、その餌に変えてからは、脱臼をすることもなくなっています。単純な相関は実際のところよくわかりませんが、脱臼してしまったことに対して、食事を変えたり、気にかけてあげたことが良かったなと思ったのと、やっぱり食事というのは、犬にとっても、とても大雪なものなのだとおもうようになっています。


 

 

人間においても、ワンちゃんにおいても日々の食事というのはとても大切です。絶対に健康になるというわけではありませんが、食事や食習慣というものが乱れれば、体調も乱しますし、健康を害することもあります。

 

逆に規則正しい生活や食事を行っていれば、暴飲暴食にくらべリスクは減らせるというのはワンちゃんも同じです。

 

犬種や栄養バランスを考えて、ドックフードや運動をしてあげることが一番なので、気にかけてあげながら日々過ごしてあげましょう。それがワンちゃんにとっても、飼い主家族にとってもベストの事になるでしょう。

 

ランク
ポイント 無添加
選びたい

 

 

-ドックフード