犬の健康管理

犬の皮膚病とストレス過多を同時に防ぐ方法としてのトリミング

2015/08/25

一昔前までは、番犬として犬を飼うケースが多かったですが、今は家族の一員として室内で飼うケースが多くなっているのも最近の特徴です。

 

そういった流れの中で、ワンちゃんのケアであったり、サービスであったりというのも注目されており、利用を検討している方も多いのではないでしょうか。

 

 

トリミングサービスのポイント

dog-544736_640

トリミングービスを利用することは、犬にとって皮膚病とストレス過多の問題を一気に解決させられる方法のひとつとしてとても有効なサービスです。

 

犬種によっては毛がすぐに長くなることもあるため、定期的なトリミングが求められます。そうでなくとも、長くなった毛を短くすることによって、ダニの住処である身体のケアや予防にも有効で、犬にとってストレスを軽減させやすくなるひとつとして有効です。

 

また、皮膚病が頻発する原因としては、長い毛に雑菌が付着してしまうことがしばしば挙げられます。

 

雑菌は往々にして大人しくしていてはくれませんから、条件が整えば一気に繁殖してしまいます。結果として、大繁殖した雑菌が犬の皮膚に入り込み悪さをしてしまうというわけです。そうなれば犬は皮膚病に悩まされるようになり、飼い主にとっては定期的に治療費を支払わなければならなくなることも可能性としては大いにあります。

 

ポイント

check-c02皮膚病の予防(体の衛星面でのメリット)

check-c02体温調節の補助、ダニ予防

 

 

トリミングを有効活用

IMGP0052

定期的なケアとしてトリミングを利用できれば、ワンちゃんの衛星的にもいいですし、様々な病気やダニといったリスクの予防にもなり得ます。

 

ワンちゃんにとって毛が長いと、犬は体温の上昇に対応することが難しくなってしまいます。炎天下の下で毛が長いまま散歩を続けていると、体温を外に逃すことが容易ではなくなり過度なストレスを感じるというケースも考えられます。

 

思わぬ病気や食欲不振にもつながる状態ですから、犬の毛が長くなってしまったと感じたらトリマーに依頼して毛を短くしてもらったりケアしてもらってもいいでしょう。

 

 

ランク
ポイント 無添加
選びたい

 

-犬の健康管理