犬の食事

骨が好きな犬でも食事に鶏の骨は禁物です気をつけましょう!

2015/12/15

犬と言えばお肉が好きですし、骨であっても噛み砕いて食べてしまうものですし、そういったものが好きだと言う事は誰もがご存知でしょう。犬用のおやつの代表的なものとして骨の形をしたガムがあります。

 

一般的な普通の家だと、家族で食べたおかずの中に骨付きのお肉とかがあったら、その残りを犬に与えているという事も場合によってはあるでしょうし、実際あたえてしまっているケースも多いでしょう。

 

 

鶏の骨はわんちゃんには厳禁

IMGP0063犬も骨をあげれば喜んでくれるでしょうが、その骨が鶏の骨の場合は要注意です。というかあげてはいけません。止めた方がいいのです。

 

というのも、鶏の骨は牛や豚の骨などと比べるとより細く、より噛み砕きやすい特徴があるのですが、逆にそれが食べやすくていいかな?と思って与えるのはいけないことなのです。

 

それはなぜかと言うと、鶏の骨は噛み砕きやすいのですが、その砕いた骨自体は粉のように砕けるのではなく縦方向に裂けて行く特性があるのです。
そのため、裂けた骨がまるでとんがった針のようになることがあり、それが犬の体内、胃腸などで刺さってしまうことがあるからのです。

 

与えては駄目な鶏の骨

鶏の骨 鶏の骨は、その物の成分に問題があるわけではなく、骨そのものが縦に裂けやすく鋭利な計上となりのどや消化官を傷つける恐れがあるので上げてはいけません。

運が悪ければ、そのとがった骨による内臓への影響で死に至ることだってあるのです。考えただけで怖いとは思うでしょうが、絶対に気をつけましょう。

 

もし、今まで鶏の骨をあまり考えてなく犬に与えていたのであれば、今後は止めましょう。早食いのワンちゃんが多かったりするので、鶏の骨は危険です。

 

 

欲しがってもあげないという選択

「小さな骨だから。」「あげたら喜ぶから」「すこしあげても大丈夫だろう」といった些細な気持ちであげるのは危険です。最悪「死」のリスクがあるものを些細な気持ちであげるのは辞めましょう。

 

調理によって肉は柔らかくなっているから大丈夫と思うかもしれませんが、骨の方はまだ堅いことは十分ありえます。多少調理したとしても鶏肉の骨は、やはり犬には与えない方がいいのです。

 

もし、ワンちゃんが欲しがっている、と思ってどうしてもあげたいというのであれば、鶏肉の場合は必ず骨だけは外してお肉だけを上げるようにしてください。

 

本来は、人間の食べ物をあげるのは塩分等の関係であたえないことがベストです。ワンちゃんのためにも欲しがってもあげない勇気と選択をしましょう。それがワンちゃんにとっては一番です。

 

 

 

基本的にはドックフードという選択

ワンちゃんにとっては、肉や骨といった味の濃いものを好みますが、本来は犬のために栄養等考えられたドックフードを与えるのが一番です。

 

最近では、人間だけでなく犬の生活習慣病。糖尿病等にかかるワンちゃんも少なくないようです。やっぱり基本的には、刺激物や塩分のあるものを食事として与えるのはよくないでしょう。

 

犬の寿命というのは、当然人間よりも短いものになっています。であればこそ、日々の食事や栄養というのはバランスのとれたものをあげるのが理想的でしょう。犬が欲しがるからといって与えてしまうよりも与えない勇気を持ちましょう。

 

 

おすすめのドックフード、選び方

ランク
ポイント 無添加
選びたい

 

 

 

-犬の食事