犬の運動

ワンちゃんの散歩の準備と道具、注意点

2015/09/19

犬の運動というと、まず思い浮かべるのは散歩かと思います。犬にとっては運動とストレス発散の楽しみでもある散歩です。
飼い主としては、楽しい日もあればちょっぴり面倒な日もあったりしますが、何にせよ散歩は犬飼いとしての醍醐味といってもいいでしょう。散歩中、飼い主同士、犬同士の出会いも多く、ご近所の方と仲良くなるきっかけにもなったりしますので、ワンちゃんと飼い主のコミュニケーションとしてもいいものです。

 

 

犬の散歩の準備

IMGP0068

犬の散歩には少し準備も必要です。安全に散歩できるようにするための道具やウンチの処理のマナーといった面でもまずは道具を揃えましょう。

 

◆リードと首輪

首輪は今や多種多様な物が売られていて、人間の洋服のようにファッション性豊かです。デザインを重視する気持ちもわかりますが、素材や形状など愛犬にあった物を選びましょう。

 

例えば、首輪の留め方にしても、ベルト型、ワンタッチ型、ハーネス型など、一般的なものであっても幾つかの種類に分かれます。首輪も嫌がる子もいますので、始めは簡単に付けることができ比較的安価なワンタッチ型を購入して、まずは家の中でつないで様子を見ることをお勧めします。

 

リードで最近主流になっているのはワイヤー性の伸縮リードです。長い物で8mくらいの物が売っていますので、公園で愛犬をのびのびと走らせることができます。

 

最近は、管理人のいるきちんとした公園などでは伸縮リードを禁止する所も増えてきているようですので、よく行く公園がどうなのかをチェックしてから購入を決めてもいいかもしれません。ただ道を歩かせるだけであれば、リードを伸ばしては周囲の迷惑やトラブルの元となるだけですのでやめたほうが良いです。

飼い主の横に付いて歩かせるしつけをしたい場合も、普通のリードをお勧めします。

 

 

◆ウンチを回収する道具

これは首輪とリードとワンセットに揃えましょう。放置は絶対にいけません。飼い主としてのマナーです。
専用の物も安価で売っていますし、ただのビニル袋にトイレットペーパーを必要分入れて代用することも可能です。

 

 

◆ワンちゃん用の飲み水

犬は基本的に汗をかくことができません。(限られた部分である肉球など以外ではできません)そのために運動すると舌を出し、ハッハッすることによって体温を下げようとしているのです。同時に喉も渇きますので、長い時間散歩をさせる時には公園の水飲み場を把握しておくか、専用の携帯ボトルなど様々なデザインの物が売っていますので気に入った物を探してみてもいいかもしれません。

 

 

散歩の際の注意点

春秋は人間にとっても犬にとっても散歩に適した季節ですが、夏冬には少し注意が必要です。特に夏は、日中の屋外での散歩は避けましょう。

 

靴を履いている人間は気づきませんが、焼けたアスファルトの熱は相当なもので犬は肉球を火傷してしまいます。また、犬種によっても違いますが地面すれすれを歩く犬たちの体感温度は人間以上です。

 

どうしても暑い時間に外に出なければならないとしたら、犬用の靴を履かせたり、水で濡らした犬用の服を着せたり、保冷剤を犬用のリュックなどで背負わせたりすることも対策として効果的です。

 

冬は毛足の長い犬なら問題なく散歩できますが、地面の冷気を受け続ける環境にある犬の身体は人間が思っている以上に冷えますので、スムースタイプの犬種や毛をカットしている犬などは洋服を着せてあげたほうが犬も楽しく散歩ができるでしょう。

 

-犬の運動