ドックフード

【安全・安心】理想のドックフードと安全な工場で製造されたドックフード

2016/06/26

food-4509_1280

無添加のドックフードと安全なドックフード

愛犬に食べさせるドッグフードは種類がたくさんあり、値段も様々です。安いものは安く、高いものは高いのが現実です。パッと見ただけではどこが違うのかわかりませんが、それぞれ中身の部分。特に、使用してある材料が異なることがそれぞれのドックフードの大きな違いでしょう。

無添加がなぜ安心なのか?そして安心なドックフードはづいったものなのか?という点からワンちゃんに最適なドックフードをチョイスできるようにまとめてみましたので、参考にしてみてください。

メーカー、製造によって様々なドックフード

food-bowl-281978_1280

安いものや大量生産を目的としたメーカーなんかのものは、添加物や着色料が入っているケースが多く、高いものでは逆に、安心して食事をしてもらうように、製造管理から素材まで厳選した部分で競争力を付けているのが一般的です。

こういったものは、余分な添加物が一切含まれておらず「無添加」で栄養バランスにこだわっています。簡単に言えば、この違いが価格に差をつけています。値段は、メーカーによってはやはり正直安かろう悪かろうになっていて、ドッグフードの中には非常に良くないものを含んでいることがありますので注意が必要です。

日本におけるペットフードの安全規制

日本におけるペットフードに関する規制というのは、実はつい最近まで全くありませんでした。事の発端は、アメリカで添加物の混入によるペットの死亡事故が相次いだことで、規制を求める声が日本でも起こり、具体的に日本でも「ペットフード安全法」が施行されるに至りました。

平成19年3月:米国において、有害物質(メラミン)が混入したペットフードが原因となって、多数の犬及び猫が死亡。6月には、メラミンが混入したペットフードが、我が国で輸入販売されていたことが判明。

平成19年8月:農林水産省及び環境省が合同で有識者による「ペットフードの安全確保に関する研究会」を設置。11月には研究会の中間とりまとめとして、動物愛護の観点からペットフードの安全確保に緊急に取り組むべきであり、法規制の導入が必要であるとの方向性が示され、平成20年6月にペットフード安全法が公布されました。

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/outline.html

上記に通り、わが国でも安全規制がなされましたが、ついこないだまで規制がなかった状態ですので、メーカーや製造者によっては、旧態依然としたまま製造してしまっているケースもなくはないでしょう。なので、できるだけ信用できるメーカーで且つ、安心できる製造方法を公にしている会社での購入をすすめています。

 

添加物として使われるものと注意したい添加物

一般的に販売されているようなホームセンター購入できるようなものであっても、長期保存するために酸化防止剤や防腐剤などの添加物をたくさん含んでいるようなドックフードも中にはあります。

もちろんすべてのドックフードがというわけではありませんが、酸化防止剤や防腐剤なんかが使われているケースもあります。

酸化防止剤 ( 防腐剤 ) エトキシキン 家畜飼料の抗酸化剤として広く使われている。 しかし枯葉剤 (あのベトナム戦争で使われた ) です。ダイオキシン系の発ガン物質。
BHA ( ブチルヒドロキシアニソール ) もともとガソリンの酸化防止のために作られたもので 毒性が認められているが、中にはバター・パーム油・ガムなどに使用されている添加物。化粧品に使われているケースもあり、注意が必要。量によっては変異原性・染色体異常・歩行失調・消火器出血などを 引き起こします。
BHT ( ジブチルヒドロキシトルエン ) 石油の抗酸化剤からポリプロピレンなどのプラスティック製品・ 石油製品の安定剤として広く使われています。変異原性は認められており、さらに催奇形性の疑いがあるために食品に対するジブチルヒドロキシトルエンの使用は問題があるのではないかと言われている。ルーマニア、スウェーデン、オーストラリアでは食品への使用が禁止されている添加物
クローブ抽出物 天然のものから生まれた物なら安心かというと そうでもありません。  エタノール・アセトン・メタノールなどの溶媒を使って抽出しているから注意が必要です。
ローズマリー抽出物
保存料 ソルビン酸 発育不良・肝臓障害のほか 亜硝酸ナトリウム (発色剤) と反応し発ガン物質エチニル酸を作る。
ソルビン酸カリウム
パラオキシ安息香酸 発ガン性・変異原性・肝炎・肝硬変
パラオキシ 安息香酸ナトリウム
発色剤 亜硝酸ナトリウム 鮮やかな色に発色させ、固定する。ハム・ソーセージ・たらこでおなじみの発色剤。 発ガン性・催奇形性・アレルギー性・遺伝毒性がある。 魚に含まれる二級アミンに反応し強力な発ガン物質ニトロソアミンを発生させる。
硝酸カリウム
着色料 赤色2、3、40、102、104、105、106号 見た目を良くし、品質をごまかす事が出来る。これらすべて石油が原料のタール色素です。ほとんどが米国・EC諸国で禁止されています。発ガン性・遺伝毒性・染色体異常・アレルギーなどが認められました。
黄色 4号、5号
青色 1号、2号
緑色 3号
コチニール これらは天然系のものであっても 発ガン性のある有機溶剤 (プロピレングリコール) で抽出されています。 変異原性あり。
くちなし
着香料 ミート系フレーバー フィッシュ系フレーバー ミルク系フレーバー 嗜好性を高め、品質のばらつきを一定に見せる。 ミート系、ミルク系・・・とは名前だけ。 これらとは何の関係もない、ただの化学物質の香料です。

 

製造方法と使用材料は会社によってさまざま

こういった添加物や使用材料というのは、会社や工場の方針にしたがって製造されています。会社の方針として「賞味期限を延ばしたい」「見栄えを良くしたい」といったような方針であれば、ドックフードの製造にあたっても日保ちするように添加物を使用するでしょうし、見栄えを良くするために着色料を使用するでしょう。

そこの部分は消費者にとってコントロールできるものではないので、私たち消費者が安全で安心できるメーカーを購入する前にしっかり選ぶしかありません。

ポイント

・メーカーの製造方法や方針は変えられない

・購入する私たちが安心なドックフードを選ぶ必要がある

 

無添加のドックフードが安心な理由

愛犬の健康を考えるならドッグフードは安心で安全なものであったほうがいいというのが飼い主の想いでしょう。良質なドッグフードでは、無添加の他にアレルギー対策としてグレインフリー(穀物不使用)のものがあります。犬も人間同様、どういったアレルギーをもっているかわからないので、初めてドックフードを与える場合なんかは非常にありがたいドックフードになるでしょう。

本来犬の食事というのは無添加であるべきです。それを、日持ちさせるために酸化防腐剤を使用したり、見栄えをよくするために着色料を無理やり利用するようになっています。人間の都合でそういったものを使用している形になっていますが、ふつうであればこういった添加物というのは使用せずに犬が食事するのが本来あるべき姿でしょう。

人間と同じように、犬にとっても体を作る基となる食事になりますので、「犬だから」「雑食だから」と決めつけずに、大切に大切にしっかりとドックフードを選んで日々の食事を安全にしてもらいましょう。

ポイント

◆本来人間が与えなければ犬は食べないような添加物もある

◆添加物によっては影響を及ぼす注意したいものもある

 

安心で信頼できるドックフード

第1位 カナガンドックフード

crown26第一位  カナガンドックフード おすすめ度 ico_grade6_5
canagandogfood
グレインフリーという穀類不使用で且つ、無添加の安心なドックフードで愛犬の健康のためを考えられたドッグフード。人気NO1ドックフード

ポイント
◇アレルギーの心配のないグレインフリー
◇無添加で製造
◇国際基準Aランクを取得

対応犬種 全犬種、前ライフステージ対応
原産国 イギリス
主な成分 チキン(生肉)、サツマイモ、海藻、
ハーブ(マリーゴールド・クランベリー・カモミール)
値段 3960円(2㎏)
定期:3564円
 syousai

 

第2位 ナチュラルドックフード

crown33第二位 ナチュラルドックフード おすすめ度 ico_grade6_4h
naturaldoghood
原材料に高品質でしっかりした食材を仕様。人間でも食べれるヒューマングレードの食材のみを使ったハイグレードのドッグフード。

ポイント
◇無添加で製造
◇人間でも食べられる高品質な素材で製造
◇温度管理のしっかりしたコンテナで輸入

対応犬種 全犬種・7か月目~対応
原産国 イギリス
主な成分 ラム肉(乾燥・生肉)、玄米、全粒オーツ麦 など
値段 3240円(2㎏)
syousai

 

第3位 ネルソンズドックフード

crown40第三位 ネルソンドックフード  おすすめ度 ico_grade6_4 
nerusons
犬の負担を考え開発されたのが「グレインフリー」(穀物不使用)のネルソンズドッグフードです。

ポイント
◇グレインフリー(穀物不使用)
◇腸内環境を整え、気になる関節をサポート

対応犬種 全犬種対応
原産国 イギリス
主な成分 乾燥チキン、チキン生肉、サツマイモ、ジャガイモ など
値段 3564円(2㎏)
syousai

ドックフードの選び方・選びたいドックフード

ポイント 無添加
選びたい

 

-ドックフード