犬の健康管理

犬の避妊、去勢手術をしてからのおすすめのドックフード【まとめ】

2018/07/18

animal-949803_1280

 

避妊、去勢手術の術後の影響とドックフード

避妊手術によって、ホルモンバランスが崩れやすくなるため、一般的に太りやすくなると言われています。また、発情時のエネルギーは私たちが思っている以上のものでもあるためその分の消費がなくなるといってもイイかもしれません。

基本的には、ホルモンバランスによる基礎代謝の低下が原因とされていますが、その分定期的な運動習慣を持つなり、食事に気を付けるなどして気にかけてあげましょう。

ただし、避妊手術をする多くの犬が成長途中や生後1年そこそこでの手術をするケースが多いので、成長期にダイエットのために栄養がそこそこのセーブした食事を与えるのも問題です。

しっかりバランスのとれた食事をあげ、運動瞬間をもって体重をコントロールしてあげるようにするのがまず第一のポイントになります。

◆ホルモンバランスによる変化で体重が増えるケースも

◆体調の変化と共に栄養バランスの良い食事と安全な食事を

避妊、去勢手術によるワンちゃんの影響

去勢手術のワンちゃんへの影響

去勢手術は、文字通り睾丸を除去する手術を行うので、犬にとっても男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌が急激に減ってしまいます。

男性ホルモンが急激に減ることで、人間同様にホルモンバランスが乱れてしまい基礎代謝が悪くなってしまいます。そのため、脂肪も付きやすくなり太ってしまうという傾向にあます。

避妊手術のワンちゃんへの影響

避妊手術は卵巣と子宮の除去する手術をしますので、雄犬同様ホルモンバランスが崩れます。体内で作られていた女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが急激に減ります。

このホルモンの「エストロゲン」は脳に満腹感を伝える働きがあり、このホルモンの分泌が減ることにより食欲が増し太りやすくなってしまうという事が考えられれます。

 

避妊、去勢後のドッグフードの選び方は注意が必要!

上記の通り、ホルモンバランスの変化によって去勢後・避妊後は太りやすいからカロリーを抑えたドッグフードを与えるのが一般的な考え方ではありますが、選び方には注意が必要です。

去勢犬・避妊犬用ドッグフードやダイエットフードの多くは、カロリーを抑えるために、穀物を使用していることが多くあります(小麦粉やトウモロコシなど)。ですが、犬はもともと肉食なので、穀物の消化は苦手とされています(消化酵素を多く持たない)。

その中でも特に小麦やトウモロコシなどのグルテンと呼ばれる穀物を消化することは犬の体に負担をかけるだけでではなく、アレルギー症状を起こしてしまうこともあるので、グルテンフリー等のドックフードがおすすめと言われています。

穀物を多く含んでいるドックフードの場合、小麦やトウモロコシといったものでカロリーを抑えているので、動物性たんぱく質や脂肪分の割合が減ってしまい、栄養が偏ってしまう場合がありますので、注意が必要です。

避妊、去勢後のおすすめのドックフード

素材を厳選している市販のおすすめドックフード

NO.1 カナガンドックフード

 kanagandog

グレインフリーという穀類不使用で且つ、無添加の安心なドックフードで愛犬の健康のためを考えられたドッグフード。人気NO1ドックフード

syousai

NO.2 ナチュラルドックフード

naturaldogfood

 原材料に高品質でしっかりした食材を仕様。人間でも食べれるヒューマングレードの食材のみを使ったハイグレードのドッグフード。

syousai

 NO.3 ネルソンズドックフード

nelsons

犬の負担を考え開発された長年愛された老舗ドックフードでアレルギーにも対応している「グレインフリー」(穀物不使用)のネルソンズドッグフードです。

syousai

ナチュラルチョイス

naturalchoice

適切な素材・栄養バランスに加え、高い嗜好性と消化性を実現。

syousai

プロプラン

proplan

ダイエット時や、避妊・去勢後の健康的な体重管理のための低脂肪設計。

syousai

プロマネージ

promanege

避妊・去勢後の太りやすい体質に。「うちの子のために」の気持ちに応える、高機能フード

syousai

 

避妊、去勢手術後についての体験談

ワンちゃんの避妊対策として、避妊手術や去勢手術をするケースというのは結構多いかもしれませんが、その際に注意しなければならないことは、術後の食事です。

一般的に、太りやすくなると言われているので、食事については飼い主の方がしっかり気を付けるようにしてあげましょう。ワンちゃんのためでもありますし、健康のためです。

#高齢での避妊手術を行ったケース

私の犬は 七歳になってから去勢しました。何故そのような高齢になってからの去勢なのかというと、病気になりそれからその病気は手術をしなければいけない事、去勢しなければまた再発する事を獣医師に説明されての決断でした。

手術自体は成功しましたが、今後の生活で注意点を説明されました。去勢後は太りやすくなるので、これ以上は体重を増やさ作戦ないようにと言われました。飼っている犬は大型犬ですので、太ると今後は足に負担が掛かるし、老犬の域に入っているので内臓の病気にもなりやすくなるという理由でした。

帰って来た日から、奮闘が始まりました。元々ドッグフードだけでは無く手作りの食事も食べさせていたので、案外スムーズに食事制限はできたかと思います。元のフードは低脂肪だけでのフードでしたから、量を前の八割程にして後は白飯と野菜スープ、またはフードプラス納豆ご飯にしてヘルシーな食事にシフトしていきました。

そうしたら体重は増える事無く犬自体も若返ったような感じで他の人が見ても老犬には見えないと言われています。毎日の食事でこんなにも変わるんだ!と飼い主自身が驚いております。今年で10歳になりましたが、まだまだ元気です。一日一日を大事にして病気にならないように最後まで愛していきたいと思います。

 

食事(ドックフード)は腹八分で運動習慣を

ホルモンバランスが崩れることによる身体への影響はあるので、食事を気を付けるのもまず第一です。バランスのとれたドックフード(人間が食べるようなものはあげないようにしましょう)を与え、運動習慣をつけることが大切です。

人間が食べるような食事は、犬にとっては高カロリー、高脂質の場合が多いため、犬ようのドックフードを与えるのがベストでしょう。定期的な運動を含め、健康を維持するように飼い主家族がしっかり気遣ってあげることが第一です。

 

去勢後や避妊後も安心のドックフード

第1位 水炊きの名店博多華味鳥が作った「UMAKAドックフード」

UMAKA -美味華- (うまか)
ポイント

博多水炊きの名店「華味鳥」が作ったヒューマングレードのドッグフード。ブランド鶏の「九州産華味鳥」を100%使用し、「人工添加物不使用」「小麦グルテンフリー」「ノンオイルコーティング」と安全性も高い高品質なプレミアムフードです。

◇九州産華味鳥を100%使用
◇良質な国産原材料で栄養バランスが抜群
◇「人工添加物不使用」「小麦グルテンフリー」「ノンオイルコーティング」

値段 4980円(1.5㎏)
定期:1980円

第2位 最高級の食いつきを!「モグワンドックフード」

モグワンドッグフード
ポイント

プレミアムフードとして絶大な人気を誇る「モグワン」。
良質な生肉をメイン原材料に使い、野菜や果物も配合された栄養バランスが抜群のドッグフードです。
プレミアムフードとして「ヒューマングレード」「グレインフリー」「人工添加物不使用」の品質をもっているのでワンちゃんに安心して食べさせることができますよ。

◇動物性原材料が50%以上の高たんぱくフード
◇チキン、サーモン、野菜類、果物類と栄養バランスが抜群
◇「ヒューマングレード」「グレインフリー」「人工添加物不使用」の3拍子揃ったドッグフード

値段 3960円(1.8㎏)
定期:3564円

第3位 イギリス産最高級「カナガンドックフード」

ポイント

グレインフリーという穀類不使用で且つ、無添加の
安心なドックフードで愛犬の健康のためを考えられた
ドッグフード。人気NO1ドックフードポイント

◇アレルギーの心配のないグレインフリー
◇無添加で製造
◇国際基準Aランクを取得

値段 3960円(2㎏)
定期:3564円

 

-犬の健康管理